ビジャ選手のゴールを決めるトレーニングを体験しよう。
ストライカーのための、誰でも参加できるトレーニングクリニックを開催。

DV7メソッドトレーニングは、ビジャ選手とFCバルセロナの育成ディレクターであったジョゼップボンバウ氏によって創設された、サッカーのプレー中で正しい判断を身に付けるトレーニングメソッドです。今回はビジャ選手監修のもと、フォワードに特化したDV7のトレーニングを行います。

日本人の特性である技術力を試合の中で効果的にプレーするためには、決断する力を高めることが効果的です。そのために状況を理解しどの選択肢が最善なのかを理解する必要があります。DV7を通じて、スキルフルで的確な判断ができる力を身につけましょう。

FWは試合の流れの中で効果的なポジションをとること、ゴールを決めるための様々なスキルが重要です。3回実施されるクリニックで上達すべきコンセプトが何かを理解し、選手としてのステップアップに役立ててください。
ゴールを決め、チームに勝利をもたらすゴールハンターになるためのクリニック、参加お待ちしております。

2020年 クリニック詳細

クリニックの内容は、毎回異なったコンセプトを目的に実施します。

開催日程

第一回11月15日(日) 18:00-20:00
第二回11月29日(日) 18:00-20:00
第三回12月12日(土) 18:00-20:00

開催場所

アディダスフットサルパーク渋谷 ※渋谷駅直結の渋谷ストリーム4階
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目21-3

募集対象

U- 9の部(小1~3年)定員 限定 14名
U-12の部(小4~6年)定員 限定 14名

参加費用

1回 5,000円(消費税込み)

ビジャ選手からゴール決めるためアドバイス

ダビドビジャ

ゴールを決めるためには、様々プレー状況の中でシュートを打つタイミングの適切な判断と狙ったボール軌道に合わせたインパクトの種類を正確に行う事が大事である。

またあらゆるアクションを100%のスピードで行いそれに伴う質が下がってはいけない。
プレー状況を常に考え、ボールを持っていなくてもやってくるゴールチャンスへ最高のアクションができるよう、プレー予測と準備をし続ける。
最高の準備をし、最高のプレーしてチームに貢献する。

トレーニング内容

第一回 11月15日(日) 18:00-20:00

ボールインパクトスキル

インステップでのインパクト方法およびインサイドキックでのシュートの使い分け。
(コントロールシュートはインサイド を使う

身体の向きの把握

良い状況でシュートアクションを行うために、身体の向きが非常に重要であり、状況に応じた身体の向きを習得する。

両足スキルシュート

有利な状況を生かすために、両足でのシュートアクションを習得する必要がある。
ゴールを奪える場面での確率を上げる。

第二回 11月29日(日) 18:00-20:00

シュート前のコントロールスキル

多くのシュートチャンスはファーストタッチによって決まる。ファーストタッチを相手の位置次第で有利なスペースを見分け、そこを使うスキルとボールを受けるポジションを正しく理解する。

シュート角度およびキーパーの状況把握

ゴールへの角度とキーパーの位置を認識し、シュートを打つか別のアクションをするか判断する。ゴールを奪いやすいプレーエリアを理解する。

ファーストタッチシュートスキル

試合の中で、ボールコントロールの時間とスペースがなくファーストタッチでシュートを打つべき瞬間は非常に多い。ファーストタッチでより素早く反応して、ゴールを奪うスキルを身につける。

第三回 12月12日(土) 18:00-20:00

相手を突破してからのシュートスキル

シュートを打つ状況を作り出す最も難しいアクションであり、試合で非常に有効なプレーです。突破し走りながらのシュートアクションを習得する。

シュートかパスの判断

ゴールを奪うために、シュートを打つべきかさらに有利な味方がいるのか判断しよう。目的はゴールを奪う事であり、最高の判断のできる選手になる事が大切である。

ボレーシュートスキル

浮いたボールのパスを受けたときのシュートアクション。
難しい技術であるが、試合の中でセンタリングボールなど、浮いたボールをシュートする場面が多い。ボレーシュートが習得するために、インパクトと身体の使い方を理解しよう。